検索
  • ryokukenow

'21.2.19 特殊伐採・特殊剪定作業におけるご近隣対策!       ①粉塵切粉対策

伐採や剪定作業ではチェーンソーを使用することが多く、切った際には大量の切粉が粉塵として出てしまいます。

市街地での特殊伐採や剪定業務では特に粉塵切粉の対策が必須となります。

粉塵切粉を気にせず作業をすると、隣接している建物に降りかかりトユなどの目詰まりの原因になってしまします。

1階平屋建ての建物でしたらお掃除も比較的楽にすることも可能ですが、2階建て以上の屋根上だと掃除も大変になりますし、プロの掃除屋さんに頼むと1軒1回洗浄で5万~10万前後の費用が掛かってしまいます。


別途費用は掛かってしまいますが、市街地における特殊伐採剪定工事では粉塵対策をしながら切削除去を行う施工方法を弊社では必ずご提案させて頂いております。

何とおりかの方法をご提案可能です。



写真は養生ネットシートを使った粉塵対策の様子です。

市街地における特殊伐採や特殊剪定では特に効果の高い方法です。

養生ネットシート自体を伐採対象樹木でリギングする形で運用します。


写真のクスノキ、直径が約90cm・樹高は25m前後サイズ1本の特殊伐採で発生する粉塵切粉は、約2tトラック1台分になります。(細捌き小運搬ありの場合)




19回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示