■ 樹齢400年クスノキ(江戸時代初期)  大阪市内 Y様邸 高所樹木剪定工事
樹齢400年保存樹クスノキの高所剪定造園工事のご依頼を頂きました。
昨年2018年の大型台風にて大枝が多く折れ近隣に被害が出てしまい交通量の多い道路に隣接している為、一般通行者への二次災害を防ぐ目的にて大がかりな切詰剪定を実施致しました。

樹齢400年ともなれば切詰仕上げラインの幹太さでも30〜50cm。
剪定総重量も推定20t超えの巨樹、剪定工事延べ1ヶ月に及ぶ大規模工事です。

■問題点■
自生場所が大阪市内の住宅街の為、近隣150世帯への事前近隣調整が必要でした。
また樹木の側には交通量の多い一方通行の道路があり、1日平均300人以上は歩行通行される住宅道路。
車両通行止めにて作業を1ヶ月間行う為、警察の協議・大阪市清掃局へのゴミ収集場所移動の調整・集合場所にされていた近隣幼稚園様等々にも許可及び調整を行い作業を実施しました。
対象樹木の樹高は20m・葉張り25m内外の大クスノキの為、国内法に従い21m高所作業車をメインに使用しとどかない場所のみロープアクセス法を使っての作業。
四方全て投げ落とせない(トスできない)場所の為、全ての枝を吊るし切り致しました。
手間は多少掛かりますが、長年積み重ねてきた経験と技術を基に最も効率の良い方法と技法の選択と実施にて安全に工事を進めました。

今回一番問題になると予想していた「近隣環境リスクアセスメント」。
着工前の調整から完工まで全て含め1ヶ月間以上、弊社の最も得意とするリスクアセスメントをIRATAレベル3取得者2名常駐にて細部にわたり徹底して実施、無事に完工致しました。


NiwaNaviImage
NiwaNaviImage
NiwaNaviImage
21m高所作業車、全開に伸ばした状態での作業。
NiwaNaviImage
ラフタークレーンとの共同作業。道路許可上、高所作業車の入れない場所はロープアクセスにて工事を進めました。


【私どもは特殊条件下における、高所工事専門のプロフェッショナルです】
環境・人・物、全てのリスクに備え徹底したリスクアセスメントを行い、市街地工事専門にて長年積み重ねてきた経験と技術にて対応措置を確実に施す。

関係諸法令も全てクリアにした、安心な質の高いサービスのご提供を行っております。



  
■ ロープ高所作業 労働安全衛生規則に100%準拠した安全と信用度の高いロープ高所業務サービス

ロープ高所業務・一般高所業務サービス

近年日本の産業ではロープ高所作業特別教育やフルハーネス型安全帯使用作業特別教育など、高所からの転落による労働災害防止の為、労働安全衛生規則の改正が行われ施行されております。

各高所業務を請け負っておられます業者様や生産業務をされておられます業者様におかれまして、工事の進捗(出来高)と労働災害防止対策は各会社様の信用問題に直結するとても重要な項目となっております。

弊社ではロープ高所作業やフルハーネス型安全帯使用の一般高所作業の分野にて国内法とISO22846-1/2に準拠した内容で人・環境・作業内容等々各項目での専門的なリスクアセスメントを行い、安全で生産性を著しく損なわない費用対効果の高い工法のご提案や業務請負・コンサルタント業務を行っております。

また弊社では国際産業用ロープアクセス協会様にて国際ロープアクセスライセンス最高位IRATA(アイラタ) LV3を取得した技士のみによりますロープ高所・一般高所業務の請負やコンサルタント業務のご提供もしております。




NiwaNaviImage